img_main.png

「元気」と「健康」へ4つのアプローチ

img01.png

動的プログラム・・・運動レッスンになります

メインプログラム→「運動」

ハイブリッドプログラム→「運動+マナー」「運動+睡眠」

静的プログラム・・・座学レッスンになります

メインプログラム→「食育」

ハイブリッドプログラム→「食育+マナー」「食育+睡眠」「徳育」

ページTOPへ戻る △

動的プログラム

メインプログラム(運動)

1)鉄棒・跳び箱・走り方など

学校の体育で行う種目をメインに行い、運動の基礎となる走り方の基本を身につけ、苦手を克服し技術を向上させ
健康な身体を作ります。

photo09.jpg

逆上がりや跳び箱、前転後転などで体操の基本動作を身につけたり、どの運動の基礎にもなる走り方などを身につけます。

逆上がりや跳び箱、前転後転などで体操の基本動作を身につけたり、どの運動の基礎にもなる走り方などを身につけます。

2)ダンス・ステップトレーニング

音楽に合わせて全身を動かし、運動をするうえで必要かつ重要なリズム感覚を養います。
目や耳からの情報を動きによって表現することを可能にし、イメージとして持っている動きのリズムの現実化を可能にします。
自分の表現が出来るようになりますし、空間把握能力も発達します。

photo07.jpg

photo08.jpg

ダンスで人気曲を踊り、ステップトレーニングでは、キックやパンチなどの動きを取り入れ、
音楽に合わせてカッコよく!可愛く!楽しく全身を動かします。

ハイブリッドプログラム(運動+マナー)

団体競技を行い、運動+集団行動を学びます。協調性やコミュニケーション能力を育み、ルールを守り、社会的マナーを身につけます。

photo02.jpg

1)ボール運動

フットサルで蹴る動作、ポートボールやミニバレーなどでは投げる・捕る・打つ動作を行い、協調性や相手、外野、状況の変化に対する対応能力を身につけます。

2)よさこい

よさこいの動きや掛け声を全員で合わせることにより、団結力の大切さを覚えます。

ハイブリッドプログラム(運動+睡眠)

ストレッチ・ヨガ

ストレッチの要素で身体を緩め、ヨガの要素で心を穏やかにし、 身体と心を整えます。集中力アップにも繋がります。

photo03.jpg

チャレンジポーズ!

アザラシのポーズで柔軟な身体を手に入れ、ケガの予防!
また2人1組や3人1組でポーズをとり、お友だちと力を合わせて楽しみながら身体と心を成長させる組みヨガなども行います。

photo10.jpg

ストレッチとヨガを組み合わせ、身体と心を整えます。
交感神経優位な状態(運動時、緊張しているときなど)から、ストレッチやヨガを取り入れることで、副交感神経優位な状態 (リラックス時)に持っていき就寝時に深い睡眠=回復状態になります。また、運動の前後に取り入れることで、運動時のパフォーマンスUPと怪我の予防にもなります。

※ストレッチ・ヨガは、w-up&c-downとしても、毎回のレッスンで取り入れます。
w-upは、他に、ステップワーク系の運動やバランス系の運動も取り入れてあります。

ページTOPへ戻る △

静的プログラム

食育+睡眠/食育+マナー

ウェルネススクエア札幌直営のバロンドールカフェが監修

「食べること」は「生きること」

バランスの良い食事で身体と学習能力を育もう!

photo06.jpg

1)知識

栄養士・調理師・スポーツトレーナーなどプロフェッショナルによる、生涯を通じて健康な食生活を実現するために、
学校では学べない食育(知識・体験・情報)をご提供します。

photo05.jpg

2)実食

成長期のお子様には栄養学等の知識、保護者様にはオススメの食育料理レシピを毎月、ご提供します。
★バロンドールカフェにて定期的に実食ができるようにメニューに追加いたします。

コラム

家庭の食卓の問題点をわかりやすく表したものが 「孤食」「個食」「固食」「小食」「粉食」「濃食」の6つの「こ食」 です。
家族が不在の食卓で独りきりで食事をする「孤食」は、 好き嫌いを増やす原因になりますし、会話がないのでコミュニケーション能力やマナーも身につきません。
さらに、最近問題視されているのが、食卓には家族が揃っているが、それぞれがバラバラのメニューを食べる「個食」。いつも自分の好きなものを食べられる環境では、身勝手で我儘な性格に育ってしまうかもしれません。
このように「こ食」は、子どもたちの人格や健康に影響を及ぼします。
こうした食習慣が定着しないよう注意していきましょう。

睡眠の仕組みポイントは3つ
1)寝る前は身体を「???」(答え:冷やす)

寝る前は手足を冷やすと良く眠れます!
それは、眠りに入る時内臓深部の体温を下げて眠るからです。その為、適度な運動やお風呂で体温を上げておくことで、体温が下がった時に良く眠れます。

2)寝ると「●が伸びる」(答え:背)

眠ることで、成長ホルモンが分泌されて背が伸びます! 眠ってから4時間は成長ホルモンが分泌され続けます。
その為、夜10時~12時の間に眠ることがポイントですよ。

3)たくさん眠ると「痩せる?太る?」(答え:痩せる)

たくさん眠ると肥満防止に効果的。眠ってから3時間以上たったころから分泌されるコルチゾールホルモンのおかげで、体に脂肪を溜め込まず、代謝の良い身体が作られます。たくさん食べて、たくさん寝ることで健康的な身体が作られるのです!

ページTOPへ戻る △

レッスンスケジュール例

 1週目時間2週目時間3週目時間4週目時間
〇月 体操 20分 体操 20分 体操 20分 ボール運動 40分
ステップ
(ダンス)
20分 ステップ
(ダンス)
20分 食育+睡眠 20分
□月 体操 20分 体操 20分 体操 20分 ボール運動 40分
ステップ
(ダンス)
20分 ステップ
(ダンス)
20分 食育
(栄養学)
20分
△月 体操 20分 体操 20分 体操 20分 ボール運動 40分
ステップ 20分 ステップ  20分 食育+睡眠 20分
×月 体操 20分 体操 20分 体操 20分 よさこい 40分
ステップ  20分 ステップ  20分 食育
(栄養学)
20分

※レッスン前後にw-up(ストレッチ・ヨガなど)10分、c-down(ストレッチ・ヨガ)10分が入ります。

ページTOPへ戻る △

食育プログラム年間スケジュール

毎月

食育レシピがスターキッズの広報誌でご案内!3週目では食に関する知識を学ぶ食育授業(20分)を行います。

4ヶ月に1回

保護者様が食に関するご質問・ご相談をお気軽にお寄せいただけるようにアンケート用紙を配布します。ご記入後、フロントへご提出いただき、食のプロフェッショナルチームがすぐにご返答、ご返却致します。

1年間を通して様々なイベントを開催(参加希望制、有料となります)

夏休み・冬休みの自由研究にも活用できる工場見学、産地見学を実施。親子でクッキングなどの体験イベントを通して食の大切さを学ぶ機会をご提供します。

ページTOPへ戻る △

毎年秋にスターキッズ会員様限定のスポーツフェスティバルを開催!

日頃のレッスンの成果を発揮する場として、スポーツフェスティバルを開催します。体操種目や走り方、ダンス、よさこい、ボール運動、そして食育といった多種目のレッスンの成果を保護者様にお見せする場がスポーツフェスティバルです。

チームを作り、試合形式で行い、子供たちの勝負意欲を高めて、さらに団体行動に大切なコミュニケーション能力、協調性、チームワークなどの要素を高める事ができます。

子供たちも真剣に取り組み、勝負強さや勝ちにこだわる気持ちは、将来大人になり必要になってきます。幼少期から、こういった気持ちを経験させることも大事な目的の1つです。

幼稚園、小学校の運動会で定番のリレーやスターキッズオリジナルドッジボール大会、食育障害物競争、よさこいの発表など、子どもたちはもちろん保護者様も楽しんでいただけるイベントです。

運動

食育

睡眠

マナー

©  Star Kids All rights reserved.